技能連携制度

COOPERATION

技能連携制度

普通教科
高等学校普通科の教育課程と併せた授業を行うことで、専門知識だけでなく、豊かな教養と幅広い知識も身につけていきます。

近畿情報高等専修学校では、通信制・単位制の長尾谷高等学校と連携しながら、中等教育を実施しています。
3年間の在学中に、コンピュータに関する専門知識を養い、同時に、長尾谷高校普通科の教育課程に基づいて、国語や数学、理科、地理歴史、公民、英語といった普通教科の学力をも身につけていきます。
このため、卒業時には専修学校と高等学校の両方の卒業証書が取得でき、就職や短期大学・大学・専門学校への進学など、幅広い選択が可能になります。

無理のない教育課程編成で、同時に二つの学校に籍を置きます

高等学校教科目と専修学校教科目あわせて、一日6時間(週33時間)の時間割を編成し、近畿情報高等専修学校において、全日制高校と同じように授業を行っています。

※隔週第2、第4土曜日は休み